テレビや新聞などのメディアに40回以上取り上げられました!

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、気軽にお問い合わせ下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もしかして・・・こんなお悩みお持ちですか?

なるべく高く売りたい! 引継ぎや委託ってできないかな? なるべく早く売りたい!

過去1300件超の成約を支援してきた店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎサポートにお任せ下さい!

相談してホント助かりました!

元・カフェオーナー

オープンしてから1年半、正直まだ設備も新しい店でした。
居抜きのまま少しでも高く買い取りしてもらいたいという要望に応えて下さり売却金額にも満足しています!やはり物件を探しているお客さんがどこよりも多いのが良かったですね!

元・ラーメン店オーナー

最初は他の会社に依頼して「すぐ決まります!」と言われたんですが全然決まらず・・・。ここは相談したらすぐに候補の方を連れてきてくれて、しかも資金まで既に準備済みだったのであっという間に話が進みました!

元・ダイニングバーオーナー

居抜き売却ってのは頭にありましたが保証金の償却にお金がかかるでしょう?迷ってたんですよね。でもまさかそのまま業務委託で引き継ぎという選択肢があるとは!これが本当の「柔軟な対応」なんでしょうね。

店舗そのまま売却サポート実績

高く売れました

事例1: 焼鳥店 → 韓国料理店1100 万円で売却

  通常閉店 店舗そのまま
解約前予告家賃 ▲72万円 0円
保証金償却 ▲60万円 ▲60万円
内装解体費用 ▲万円 0円
造作売買代金 0円 1100万円
▲182万円 985万円
1167万円の得

早く売れました

事例2:軽食喫茶店 → カレー店3日で売却

  通常閉店 店舗そのまま
解約前予告家賃 ▲28万円 0円
保証金償却 ▲14万円 ▲14万円
内装解体費用 ▲84万円 0円
造作売買代金 0円 150万円
▲126万円 86万円
212万円の得

⇒売却事例をもっと見る

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

なぜ?35坪以下の居抜き店舗を素早く・高確率に買取・引継ぎサポートできる理由とは?

店舗そのまま閉店・売却サポートが選ばれる5つの理由

  • 1.業界最大手!全国7万超の出店希望者ネットワークから買取・委託先を探せます
  • 2.閉店相談数は累計2万5千件。業界NO.1の実績と経験豊富なスタッフの安心サポート
  • 3.全国300名超のアドバイザーが個々の事情に合わせて最適なご提案
  • 4.税理士・ビール会社・内装会社美容卸やFC本部120社など協力業者1500社体制でサポート!
  • 5.相談無料!秘密厳守!成約するまで一切、料金は頂きません

サービスの流れ

1 お問合せ

まずは電話またはメールにてお問合せください。
お電話から匿名でのご相談も可能です。

2 当社から連絡・訪問

ご要望と状況をお聞きし、お客様にあった買取・譲渡・引継ぎサポートなどをご提案致します。

3 後継テナント候補を探す

WEBサイトで告知
ユーザーの数が成功の決め手。全国10万3千ユーザーを抱えるサイトで幅広く告知致します。店名を出さないなど秘密を守るためのアレンジも自由!

直接営業
ウェブだけではありません。弊社スタッフが直接の繋がりを持つ個人から大手のお客様まで積極的にご紹介を行って参ります。

協力業者ネットワーク
お客様のためには使えるものは全部使う!税理士・社労士・ビール会社・内装会社・卸会社など1500社超の業界NO1だから持つ強固なネットワークもフル活用していきます。

4 入居者視察

契約後のトラブルを未然に防ぐにはここが一番大事!店舗の状態確認や関係者の調整など経験豊富なスタッフが丁寧なサポートをお約束します。

5 申し込み

ここは業者によって対応の差が出るところ。「とりあえず申し込みだけ出させよう」という対応の業者が多い中、弊社では「しっかりと意思を固めた」申し込みのサポートを行います

6 審査・調整

気を抜けないパートです。せっかく双方が乗り気でもここの調整が下手な業者では破談になってしまいます。ココの部分は特に経験豊富なスタッフ・会社にお任せ下さい。

7 契約

通常の契約ごとと違い1件1件内容が変わってくる店舗関係の契約には注意が必要です。1300件を超える成約実績を持つ弊社では、あらゆるパターンの契約をスムーズに進めるノウハウがあります。

8 金銭の授受とお引渡し

ここまで来ればあと少し。一番大事なお金のことを含め、全ての取引がキッチリ完了するまでしっかりとご支援いたします。

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

よくあるご質問

Q.店を借りて営業している賃貸店舗でも、居抜き売却はできる?

賃貸店舗でも居抜き売却は可能です。賃貸で店舗を経営している借主様からのご相談が大多数を占めますのでご安心ください。

ただし、売却には家主・不動産管理会社の承諾が必要です。
賃貸借契約書に「造作譲渡を禁ずる」記載があっても、家主との交渉次第で譲渡を認めていただけることも。

許可をもらうための相談・依頼の手順など、物件や状況によって進め方が大きく異なります。
まずは閉店売却をお考えの今の状況をお聞かせください。全国300名超のアドバイザーが個々の事情に合わせて最適なご提案をいたします。

Q.居抜きっていくらで売れる? 店舗売却の価格・相場は?

造作譲渡(居抜き売却)の価格・相場は物件や立地によって異なります。

10坪の店なら〇〇万円といった話ではなく、価格査定は以下の4点から総合的に判断します。
1.飲食仕様のスペック(グリスト、ダクト有無)
2.厨房機器類の種類と新しさ
3.店舗所在地(立地)
4.賃貸借条件
引き継ぐ方にとってどれだけの価値があるかが重要です。

弊社では以下のような成約実績があります。
・妙典のダイニングバーを480万、17日で店舗譲渡
・焼肉店を閉店させずノウハウごと800万で売却
・10坪創作料理店を300万円で居抜き売却
・熊本でレストランの居抜き物件を350万円で売却

Q.なるべく高く店舗を売るコツは?

なるべく高く売るポイントのひとつは「不動産の解約予告を出す前に」ご相談いただくこと。その理由は2つです。

①居抜き譲渡ができず、スケルトン工事発生の可能性
解約予告を通知すると、貸主(及び不動産会社)は次テナントを探しはじめます。その場合、スケルトン戻しを前提に後継テナントを募集することも。スケルトンで入居する条件で次テナントが決まった場合は、原状復帰工事を避けることはできません。

②次のテナントから足元を見られる
スケルトン戻し(原状復帰)契約は賃貸店舗では一般的な条件。入居者も物件契約時に承知して入居しています。解約予告を出し、解約・撤退日が決まるとどうなるでしょうか?
「少し待てば、価格が下がるかタダで譲ってもらえるのでは」と買い手に交渉の余地と余裕を与えることになります。

だからこそ高額売却を目指すなら、解約予告を出す前に募集がオススメです。

また、わたしどもは全国10万人以上の出店者を抱えており、あなたのお店を最大限高く評価する買い手客を探すことが可能です。

Q.対応エリアは? 東京・大阪・名古屋・札幌などの都市以外もOK?

全国80拠点を展開し、首都圏以外でもほとんどのエリアで店舗売却・閉店サポートができるのは当社だけ
北海道から沖縄までさまざまな方から閉店や売却についてご相談・お問合せをいただいています。

対応エリアはどんどん拡大していますが、まだ未対応地域も一部ございます。貴店がサポート対応可能なエリアかどうかは、お気軽にお問合せください。

全国規模の出店者ネットワーク10万人を持ち、大手から中小・個人まで広大な業者ネットワークも構築しているのが強みです。
日本全国へアピールすることで、貴店の地元ではない市外県外からも多数の引き合いを獲得していきます。

Q.飲食店ではなく、美容室やネイルサロン・整体院も対応してる?

美容室などのサービス業、物販も店舗売却に対応しております。

居抜きのメリットが大きい同業態同士の引き継ぎはもちろん、美容室⇒飲食店といった異業種間の譲渡の成約実績もございます。
《成約実績例》
・美容室の造作譲渡を飲食店が200万円で買取(溝ノ口)
・ネイルサロン事業譲渡で、スタッフも継続雇用(中央区)
・好立地ネイルサロン、200万円で居抜き店舗売却(原宿)

美容業態では、飲食店とは異なる高額売却のポイントもあります。
顧客リストやスタッフの引き継ぎなど、出店者にとって魅力的な条件も造作譲渡費に加味されます。造作譲渡価格は立地や機器類の価値だけでは決まるわけではありません。

また、売却ではなく固定費を下げるために「稼働ペースを縮小する」という方法も。「使っていない余剰スペースを他の事業主に貸し出す」シェアサロンです。

単発・短時間ではなく中長期で貸し出しすることで毎月の固定費を大幅に削減し、利益があがりやすい状態で営業を継続できます。シェアサロンのお取組みで毎月平均12.6万円のコスト削減に成功しています。こちらもあわせてお問合せください。

Q.従業員や取引先に秘密にしたまま、引き継ぎ先を探せる?

後継テナント探しを、スタッフや取引先には内密にしつつ進めることが可能です。

売却テナント様によって情報をどこまで公開するか範囲を設定して、引き継ぎ先を募集を行います。

店名を伏せて募集はもちろん、看板など外観は載せない、外から見えない厨房のみ載せる、一切写真などビジュアルは公開しないなど、情報公開レベルを11段階で設定しており、お客様の要望・状況に合わせて募集方法を細かくコントロール。
ウェブに掲載したくない、という方でも大丈夫。
弊社ならネット掲載せずに、秘密厳守で後継テナント候補を探すことも可能。安心して、ご利いただけます

Q.居抜きで店舗を売却する際、契約書はどんな内容が必要?

売主・買主との間で造作・設備の売買が発生する場合には、店舗設備の譲渡に関する契約書を交わす必要があります。家主と交わす、不動産の賃貸借契約書とはまったくの別物です。

当社では、トラブルを未然に防げるような店舗設備の譲渡契約書のひな形をご用意していますので、こちらをベースに、売主様・買主様で条件を調整いただき、合意した内容で契約を交わしていただけます。

契約書作成におけるポイントをひとつお伝えすると、「瑕疵担保責任は負わない」(譲渡物品にトラブルが起こった際、売主は責任を負わない)の旨を盛り込むのが一般的です。
万が一、引き渡し後に不具合が起きたとしても、売主が責任を負うことはありません。
(※売主が故障や不備を故意に隠した場合には適用されません)

これ以外にも重要なポイントもございますので、気になる方はお問い合わせください。

Q.店舗売却後の会計処理、どのような勘定科目で仕訳を切る?

税法上この科目で処理しなければならない、という明確な科目はありません。

営業外の一時的な取引のため、雑収入として扱っている方が多いのが実情。
ただし、どの範囲を雑収入として処理するかは会社ごとに会計処理が異なります。顧問契約をしている税理士さんへ相談することをおすすめします。

Q.居抜き譲渡には消費税がかかる?

造作譲渡の取引は課税対象のため、消費税がかかります。
(※税務のご相談は税務署、税理士へ)

スムーズに取引を行うために、譲渡代金の表記に気を配りましょう。
税込み・税抜きの認識違いで破談してしまうこともあるため注意が必要。たとえば、造作譲渡500万円の場合、消費税は40万円です。話の途中で40万円のズレが発覚するとスムーズに契約まで進まなくなってしまうことも。
税込み・税抜きはわかりやすく提示しておきましょう。

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録