共同経営者が抜けたレストランを254万円で店舗売却(高輪台) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

共同経営者が抜けたレストランを254万円で店舗売却(高輪台)

成約済

共同経営者が抜けたレストランを254万円で店舗売却(高輪台)

東京都港区
賃貸店舗の借主が居抜きで店舗を売却。空家賃や原状回復費(斫り工事など)の閉店コストを支払うことなく無事移転することができました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


共同経営者のいざこざから店舗を移転することに


始めは4人の共同経営だったお店。経営者が次々と抜けていき1人になってしまいました。1人だけでは1~2階で多層階の本店舗はオペレーション上使い勝手が悪く(1・2階にホールスタッフを置かなければいけないため)、経営効率が落ちてしまうため移転を検討。次の店舗の出店もあるので、閉店費用をかけず手放したいというご意向から弊社閉店売却サポートまでご連絡いただきました。

店舗へお伺いすると「高輪台」で都心の一等立地・前面間口がしっかり取れているため出店希望者からの多くの反響が予想できる店舗でした。(※店舗に伺っての査定も無料)

こちらの店舗は1Fはカウンター中心、テーブル席はきれいな螺旋階段を上った2Fに用意しています。少人数の貸し切りPARTYに使用されるお客様も多いそう。

カウンターの中が厨房でレストランレベルのお料理なら対応問題なし。譲渡の機器類はコールドテーブル×2、2口ガス台、オーヴン、製氷機、食洗機、電子レンジ、2面縦型冷凍冷蔵庫、五徳、家庭用冷蔵庫など。ダムウェーターが付いていましたので2F席へのフードの運搬も可能。

独立開業のシェフが254万円で買取


本店舗の買取を行ったのはレストランの独立開業者。長年、大手法人でシェフを任され、その腕前は折り紙つき。高めの客単価が取れるような、雰囲気のあるお店を開業しようとお考えでした。渋谷での開業も検討していましたが、周辺の客層として本店舗がぴったり。

内覧した時に譲渡される機器類の内訳を確認すると、ほとんどの厨房機器がそのまま使えることが判明。本店舗を254万円で引き継ぐことにしました。ガス管など火力については増強が必要だったものの、綺麗な客席部分はそのまま使うことができ初期投資を抑えて出店することができました。

居抜きで募集を開始して約2ヶ月で成約まで固まり、譲渡オーナー様はスムーズに小箱店舗への移転を果たすことができました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録