鹿児島のナイトクラブを東京の外食企業に200万円で居抜き売却 | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

鹿児島のナイトクラブを東京の外食企業に200万円で居抜き売却

成約済

鹿児島のナイトクラブを東京の外食企業に200万円で居抜き売却

鹿児島
鹿児島の店舗物件を、なんと東京の企業が居抜きで買取!
全国ネットワークを持つ当社ならではのお取り引きとなりました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


原状回復の費用に悩んだオーナー様から閉店相談


経営してきたナイトクラブの閉店を考え、退去時の見積もりをとったところ、275万円もの費用がかかる試算になったそう。閉店費用に悩んだ鹿児島の繁華街、天文館にある店舗経営者様よりご連絡をいただきました。

費用の内訳は原状回復に140万円、空家賃に135万円。店舗経営者様にとってより良い閉店方法を模索した結果、居抜き売却を行うこととなりました。

クラブ・キャバクラ業態の居抜き取引の実態



クラブ・キャバクラ業態は客数の減少に苦しむ店舗が多く、廃業せざるを得ない方が増えています。風俗営業許可が必要な関係上、開業できる場所に制限があるため同業態の開業者から高い人気が。同じくクラブ・キャバクラ業態の方であれば、内装などもそのまま使えるため、価値を感じてもらいやすくスムーズに売却できる可能性も高いのです。

一方、クラブ・キャバクラ業態に合わせた特殊な内装は他業態の転用ができないため他業態の方からは敬遠されがちな実情もございます。しかし、内覧時の見せ方や説明により興味を持ってもらうことは十分可能。こちらは多くの開業者と付き合ってきた経験がものをいいます。


鹿児島の店舗を200万円で売却


本店舗は鹿児島一の繁華街、文化通りにあります。居酒屋やカラオケなども多く賑やかな通りです。
ここで3年間営業してきました。
約37坪の店内は高級感のある内装でまとめられています。清掃が行き届いており、3年間使ったとは思えない綺麗な状態。オーナー様に伺ったところ開業当時、内装には2200万円かけたそう。

通常、退去時にはこういったまだ使える内装も解体しなくてはいけません。工事には当然費用もかかります。居抜きで売却できれば、出て行く費用どころか造作譲渡金を得て閉店することができます。本店舗も売却に成功し200万円を手にできました。

キャバクラが高級寿司店に鞍替え


本店舗を買い取ったのは、東京で約40店舗の郷土料理店を展開している企業。今回、地方でパイロット店舗を出店したいと考え、物件を探していました。地方で探すといっても、不動産会社1件1件に確認していかなければならず、時間だけが過ぎていってしまっていました。

そこへ全国の居抜き物件情報が集まっている「店舗そのままオークション」のサイトを見つけ様々な物件を見比べていたそうです。そこで出店条件に合う本物件を見つけ、内覧。とても気に入っていただき、200万円で買取。

好立地というだけでなく、2200万円かけた高級クラブの居抜きだったため、高級感のある内装が安く手に入り、まさにパイロット店舗として打ってつけの物件。接待でも利用できる「寿司居酒屋」に転換してオープンすることになりました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録