ダイニングバーの居抜き物件(中目黒) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

ダイニングバーの居抜き物件(中目黒)

成約済

ダイニングバーの居抜き物件(中目黒)

東京都目黒区
都内の複数店舗展開するカフェチェーンの移転相談から、居抜き物件売却と買取の両方をお手伝い。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


居抜き物件として売却して移転


移転の相談をいただいたカフェチェーンさんは、本店舗(中目黒)を始め、オシャレな街に絞って多店舗展開をしています。
今回は、人員はそのまま他の店舗での営業を開始したい、ということから譲渡先をお探しすることになりました。
新築スケルトンから入居して1から作ったので、「手に残るものがほしい」とご要望をいただいていました。

2階店舗でしたが、居抜きの譲渡金額は150万円で売買が成立。賃料が50万円、と少し重い物件でしたので、身軽に退店できたとお喜びいただきました。

かなりお洒落な店内で、内覧された方もかなり良い反応だったのですが、礼金と保証金だけで500万円を超えるものでしたので、なかなか決断する方が現れませんでした。
しかし「この雰囲気を活かして店を作りたい」とおっしゃっていただき造作150万円で成約となりました。

集客のイメージを持てる方が居抜き物件購入


ご入居を決められたのは、長年飲食コンサルをやってきた方。
アドバイス・手伝いをするだけでなく、「自分の店を持ちたい」と物件を探していました。
また本店舗は2階だった為、集客面の不安から入居を決められない方も多かったのですが、こちらの方にとっては全く問題になりませんでした。
希望の業態が鉄板焼きダイニングのため、集客のメインは通りすがりよりもインターネットと口コミと考えていたからです。
鉄板焼きの設備を入れるには、元々の店舗から工事が必要となりました。その分、綺麗な客席はそのまま使い、内装工事費はスケルトンと比べ大きな差がついたようです。

元々のオーナー様は賃料の50万円をムダに支払うことなく、無事移転することができました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録