住宅立地の居抜き店舗(本蓮沼) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

住宅立地の居抜き店舗(本蓮沼)

成約済

住宅立地の居抜き店舗(本蓮沼)

東京都板橋区
閉店済みの居酒屋居抜き物件が無事売却できました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


どの居抜き専門の不動産屋でもダメ


弊社にご相談いただいた際は既に閉店済み。
オーナー様が体調不良から入院する事態となり、店を開けられなくなっていました。
閉店していても、当然家賃は変わらず発生し月々の赤字になっています。
居抜き物件専門の不動産会社が数社既に動いている中、弊社にもお声掛けいただきました。

本店舗は、都営三田線「本蓮沼駅」という住宅街立地のエリア。
加えて、駅から徒歩5分と少し離れているのが商売上のネックでした。
そこで地域密着で居酒屋を考えている方、三田線沿線での開業を考えている方を中心にアプローチ。

1番リスクが低い閉店方法を探る


豊富な出店希望者のネットワークから、隣のアパートに住む開業希望者が見つかりました。
ただ、買い取りの額がオーナー様の売却希望額に届いておらず1度はお断りすることに。
閉店してから今まで支払った家賃を取り返したいというお考えがあったのです。
しかし、月々の家賃がかかっている状況と候補の方が見つかりづらい店舗であったのも事実。
最終的に、赤字をただ増やしていくのはあまりにもリスク、と判断されました。

少し期間は空いてしまいましたが、ご入居の意思がお変わりなかったため、もう1度お話させていただき、家賃の1か月分の譲渡料ということで話がまとまりました。

駅から離れていたので、集客面での不安などないか伺ってみたところ「自分には地の利があるため問題ない」というご返事。一見不利に見える場所でも、人によってはそうでないことがあると学ばせていただきました。
お住まいの場所の近く店舗を持ちたいという願いから近隣で探されていた入居者様にとてもお喜びいただき、和食店をオープン。

元の店舗としては、閉店してから6カ月ほど経っていたため、「これ以上待つべきではなかった。良いタイミングで決断が出来た」とおっしゃっていただきました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録