うどん店居抜き物件を売却(吉祥寺) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

うどん店居抜き物件を売却(吉祥寺)

成約済

うどん店居抜き物件を売却(吉祥寺)

東京都武蔵野市
吉祥寺の老舗うどん屋が撤退。350万円で居抜き物件譲渡が行われました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


うどんの名店が閉店


JR中央線「吉祥寺駅」徒歩1分。
この地で約11年営業してきたうどん専門店のオーナーから閉店のご相談でした。
ご家族の問題や、ご本業とのバランスなどを鑑み、管理しきれないということで撤退を視野に入れ始めた、とのこと。
差し迫ってのお話ではなかったので、早さよりも価格を重視して居抜き譲渡先を探していくことに。

本店舗は、ダイヤ街入ってすぐの営業11周年を迎える地元でも名の知れたうどんの名店。ネームバリューもあります。
8席のカウンター席に加え、テーブル席もある店舗で、ランチタイムは常時盛況。
固定客もついているので、同業態であれば開業される方のリスクはかなり低いと踏み、うどん業態での出店ご希望の方を中心にアプローチをしました。

吉祥寺で出店希望の法人が350万円で買取


すると、「長崎うどん」を中心に今後展開したいとお考えの法人様が見つかり、350万円での居抜き物件譲渡となりました。
「どうしてもこの店舗でやりたい」と店舗の特性・場所柄からお考えになり、高額譲渡となりました。

入居された法人様は、柔らかめの麺で高めの年齢層をターゲットに都内で出店していこうとおいう狙い。
20店舗ぐらいまでに増やしたいとお考えで、今回はその足がかりとしての1店舗目。ターゲットに合う街で出店場所を探していらっしゃり、今回の吉祥寺はぴったり。大変お喜びいただきました。

また、本店舗では保証金が800万円と高額。
ただ、ご入居の法人様は20年間、厨房機器の販売業を経営しており、資金状況も問題なし。
今回の居抜き譲渡の総費用は1200万円を超えます。ここまでくると個人開業の方だと厳しい場合が大半。個人の方だけでなく、法人顧客も豊富に出店希望を抱えている「店舗そのままオークション」だから実現したケースと言えます。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録