店舗売却・居抜き譲渡の専門用語 - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

店舗売却・居抜き譲渡の専門用語

店舗物件の原状回復とは?

原状回復と一口にいっても、「退去時にどのような状態で物件を返却して欲しいのか」物件ごとに求められているものが異なります
建物の構造や入居時の状況、貸主の意向などにより、さまざま。「入居時と同じく、事務所仕様」「スケルトン戻し」など種類があります。

対策としては、入居時に「どの状態で返すか」確認しておくこと。 将来のトラブル回避につながります。

住居と店舗・事務所の賃貸物件では、「原状回復」が示すところが大きく異なります
住居では、「入居時の状態に戻す」ではなく「経年変化や、通常の住まい方、使い方をしていて生じた汚れや傷みをなおす費用は借主が負担する必要なし」というガイドラインが提示されています。

一方、店舗の原状回復で規定されているのは、「スケルトン戻し」が多く、一般的。
スケルトンとは、建物の躯体剥き出しの状態のことです。

スケルトン戻しにかかる費用は、「どのような状況からスケルトンにするのか」によってかなり値段のバラつきが生じます。 目安は1坪あたり5~10万円ですが、一概にお伝えすることはできません。
よって信頼のおける複数の解体業者様に相談し、合い見積もりを取ることをおすすめします。店舗の広さにもよりますが、100万円の差がつくことも。

ちなみに、「居抜き譲渡が成功すればスケルトン戻しは不要」です。
(※貸主様の了解を頂く事が大前提)
工事費用がかかるどころか、売却益を手にする事ができる可能性があります。「居抜き譲渡」も1つの手段としてご検討ください。

<<原状回復工事コストダウン事例>>
「東京」の事例
「福岡」の事例
「大阪・兵庫」の事例
「千葉」の事例
「神奈川」の事例

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録