「パターン別」居抜き売却ノウハウ - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

「パターン別」居抜き売却ノウハウ

賃貸借契約書に「造作譲渡を禁ずる」記載があったら造作譲渡はできる?できない?
所有物件ではなく、賃貸店舗で居抜き売却はできる?
賃貸借契約書に原状回復(スケルトン戻し)義務があっても造作譲渡できる?
店内設備にリースを組んだものが含まれても、造作譲渡はできる?
なるべく高く店舗を売りたいのですが、どうすれば良いですか。
すでに解約予告を出してしまった物件でも売れますか?
飲食店の事業譲渡、レシピやノウハウを含めて売却できますか?
定期借家契約ですが、居抜きで売却はできますか?
一部の物品を売りたくありません。全てそのまま売却しないといけませんか?
ビールサーバーなどのレンタル品はどのようにすればいいですか?
業務委託先を募集したいのですが、相談できますか?
故障している物品も含めて、そのまま売れますか?
雨漏りがあっても、売却できますか?
赤字店舗でも、居抜き売却はできますか?
高価な食器・調度品は居抜き譲渡に含めず、別に査定した方がいいですか?
駅から離れている店舗も、居抜きで譲渡できますか?
わかりにくい場所にある視認性の良くない店舗も、売却できますか?
フランチャイズ加盟の店でも、居抜き物件として売却もしくは事業譲渡できますか?
お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録