店舗売却・居抜き譲渡の専門用語 - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

店舗売却・居抜き譲渡の専門用語

スケルトンとはどのような状態を指しますか?

一般的にスケルトンとは、室内が建物躯体のみで内装設備等がない状態の物件のことをいいます。
コンクリートや配管がむき出しになっている状態です。

店舗物件では、退去時に「スケルトンに戻す」契約を結ぶのが一般的です。
これは、入居してからつくった造作を全て撤去し、躯体がむき出しになった状態で退去するということ。

解体にかかる費用は、退去する入居者が支払います。
費用はどの状態から、解体工事をするのかによって異なります。目安は1坪あたり5~10万円ですが、一概には言えません。

ちなみに、「居抜き譲渡が成功すればスケルトン戻しは不要」です。
(※貸主様の了解を頂く事が大前提)
工事費用がかかるどころか、売却益を手にする事ができる可能性があります。「居抜き譲渡」も1つの手段としてご検討ください。
お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録