店舗そのまま売却サポートについて - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

店舗そのまま売却サポートについて

「正直、まだ迷っています。」相談だけや無料査定だけでも対応いただけますでしょうか。

相談だけでも、もちろんご利用いただけます。
実際、「売却の意思決定はしていないけど・・・。」という方のご相談は日々多数寄せられています。
「まだ迷っている」という方も非常に多いですのでご安心下さい

迷いながらも、行動にうつしている方が多いのは、早く動いた方が選択肢が多く、良い結果を手に入れやすいからです。
退去までの時間があまり残されていないと、高く売れる可能性がある店舗でも、それなりの値で売らなければならないことがあります。
解体費用を支払うリスクを回避するために、造作価格の交渉に応じなければなりません
店舗を譲渡する告知期間をじゅうぶんに取れれば、こういった事態は避けられます。

人材不足で閉店を検討している場合、人材募集と同時に引き継ぎ先募集ができます。
人材募集はそのまま続けていただき、採用できれば、なによりです。
もし採用がふるわなかったものの、好条件の引き継ぎ先が見つかった場合、譲渡をご検討いただければと存じます。

店舗はすぐに辞められません
解約予告期間が定められており、その期間は賃料を納め続けなければいけません。
原状回復義務のある物件も多く、解体費用がかかります。

万が一に備えておくべきです。

店舗の閉店をはじめてご相談する場合、不安があると思います。
相談したらそのまま勧誘されて、お店を手放すようなことになるんじゃないか」そういったご心配もあると思います。
弊社では、無理に売却を促すようなことはありません。

色々なタイミング、ご事情が店舗様によって異なりますので安心してお問い合わせください。

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録