居抜き売却の基礎知識 - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

居抜き売却の基礎知識

居抜きで売っても、保証金は全額返ってくるのでしょうか?
居抜きで売却したからといって、保証金が減ることはありません
居抜きで売却してもスケルトンに戻して返却しても、同じ保証金がかえってきます。

住居では、保証金からクリーニング代が引かれた金額が戻されますが、店舗は違います。
借主が工事したうえで物件から退去します。
きっちり工事をおこなえば、保証金は償却分を除き全て戻ってきます。
どのような工事を行うかは、賃貸借契約の内容によって異なります。
原状回復・スケルトン戻しなど、どのような状態で物件を返却するか定められていますのでご確認ください。

保証金が減る・戻ってこないケースは3つあります。
賃料や水道光熱費の滞納があった
原状回復工事・スケルトン戻しがされていない・不十分だった
③借りる際に、保証金償却の取り決めがあった

③の保証金償却について補足します。
保証金償却とは、返金されないお金です。

例えば、保証金償却20%の場合。
差し入れた保証金のうち20%が差し引かれます。
保証金が100万円であれば、80万円は借主に戻され、20万円は貸主の収益です。

償却される金額・割合は物件によって異なります。
店舗物件では償却されることが多いので、契約書をご確認ください。

賃貸借契約書であわせて確認したいのは、保証金の返金時期です。
解約したからといって、すぐに保証金が返ってこないことも。
3カ月後や6ヶ月後に設定されていることもあります。
返金される時期も契約書に記載がありますので、ご確認ください。
お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録