「パターン別」居抜き売却ノウハウ - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

「パターン別」居抜き売却ノウハウ

すでに解約予告を出してしまった物件でも売れますか?

解約予告期間中に売却先を見つけられれば、譲渡できます

解約予告期間とは、退去日のどのぐらい前に貸主・管理会社に解約の意思を伝えればよいか定めたもの。
物件により様々ですが、店舗の場合は「3ヶ月前」「6ヶ月前」というのが多いようです。
賃貸借契約書に記載がありますので、ご確認ください。

解約予告を出してしまったからと言って売却ができないわけではございません。
予告期間中に売却先が見つかれば取引成立します。
(※家主さんのの承諾は必須です)

退去日が決まっているため、納得いく譲渡にならないことも

・募集期間が短く、十分な告知ができない
⇒買い手に情報がいきわたらず、候補が見つけられない

・交渉で金額が下げられてしまう
⇒買い手から「解体工事を避けるため、価格を下げてでも売りたいはず」と思われ、交渉の余地を与えてしまう

解約予告を出してしまった場合は一日も早く募集をかける事が取引成立の要になります。
早めに行動することをおすすめします。
お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録