「パターン別」居抜き売却ノウハウ - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

「パターン別」居抜き売却ノウハウ

定期借家契約ですが、居抜きで売却はできますか?
定期借家契約でも居抜きで売却することはもちろん可能です。
ですが、普通賃貸物件と比較して造作価格はやや安くなる傾向があります。

定期借家契約は、一般的な賃貸借契約とは違い、更新が出来ない契約。
期間を決めて「契約期間が終了すれば必ず出て行って下さい」という内容です。

そのため、造作物を買い取ったとしも、一定の期間しか使えません。
買い手側からすると「高値」を出しづらいといえます。

ただし、回収が見込める立地であれば、高額売却できる場合もあります。

好立地物件では、『入居者が入れ替わると収入になる』ので定期借家にしているケースも。
・契約中はあげずらい賃料も、新しい入居者を募集するタイミングなら簡単にあげられる
・礼金や保証金の償却部分が入ってくる

物件によって事情はそれぞれです。
『定期借家だから賃料は安め』
『2年後に建て直しだから再契約は絶対できない』
いくらで売却できるかは、無料査定からお問合せください。
お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録