「パターン別」居抜き売却ノウハウ - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

「パターン別」居抜き売却ノウハウ

赤字店舗でも、居抜き売却はできますか?

赤字店舗でも、居抜きで売却や譲渡は可能です。

現状のお店が赤字かどうかと、居抜きとして売れるかどうかとは別問題。
現テナント様の売上が振るわないことと、次のテナント様の売上は相関関係はほぼないからです。
赤字店舗より黒字店舗の方が必ず高く売れる、ということもありませんのでご安心ください。

あくまで現状ではなく「検討するお客様がそこで自分の商売した時に、収益イメージを持てるか」が最も重要。

検討者に収益イメージをより持っていただくために弊社では売却物件ごとに、立地診断・商圏調査を実施しています。
周辺の顧客特性を分析し、どんな人が・いつ・誰とどんな時に・どうやって・どこから来るのかを正確に把握することができます。
そこからどのような業態・メニュー・販促方法が好ましいのか判断の材料にしていただいているのです。そのデータに基づいて、9万人の出店希望者の中から相性が良い方へのアプローチも行っています。
データを見ながら検討を進めることで明確な出店イメージを持っていただけています。

店舗の売却は経営上の戦略のひとつ

赤字が続く店舗をそのままにせず、早めに売り抜くことで余計な出費を抑え、資金を多く残すべきです。
次の出店や別事業のために再投資していただくべきだと考えています。

立地と業態が合わずに赤字になってしまっている場合は移転することで、周辺状況を変えることができます。
ただし、現店舗の売却と次の出店のタイミングが合わないとムダな費用が発生する危険性があります。
もし移転を検討されているようであれば、出店閉店サポートをワンストップで行える弊社を利用頂くほうがリスクを抑えられます。

「閉店すべきか迷っている」というタイミングでもお気軽にご相談ください。

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録