「パターン別」居抜き売却ノウハウ - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

「パターン別」居抜き売却ノウハウ

故障している物品も含めて、そのまま売れますか?
買い手が承知すれば、故障している物品そのままでも売却可能です
ただ実際、造作譲渡の交渉の中で「不用品は売主が廃棄しておく」となるケースが多くあります。

重要なのは、事前に伝えておくことです。
隠しておくのはトラブルの元。
引き渡し後のトラブルを未然に防ぐために、正確な情報をお伝えください。


物品の故障の度合によって、対応は異なります。

まず故障まではいかない「不調」の類。
例えば、ガス台の火が弱い、とか冷蔵庫の冷えが悪いなど。
こういったものは、買主側も不調承知で譲渡を受けるケースが多いです。

壊れてはいても、別用途がある場合。
例えば、ショーケースが完全に故障しているけど物入れに使用している、など。
こういったものも譲渡の対象に含めて募集できます。
買い手側がOKすれば造作譲渡は成立します。
ただし、交渉の中で廃棄を要求されるケースもございます。
受ける・受けないは売主様が決められます。
要求は断り、また次の方を探す選択肢もあります。

全く使うことができないものの場合。
買主側も譲渡を受けた後「捨てる、廃棄する」という負担を強いられるだけになってしまいます。
売買契約成立迄の諸交渉の中で「この不用品は廃棄しておいてください。」となるケースが多いようです。
完全に壊れているのを承知の上で、買主が譲渡を承諾した場合は、そのまま退去できます。

弊社では、物品が「壊れている」「古い」場合でも、居抜き売却に成功しています。
それは、「募集の仕方」「魅力の打ち出し方」にポイントがあります。
売主様が「最悪タダでも構わない」と仰っていた造作設備にも100万円の値がついたことも。
まずはお問合せください。

《壊れた・古い設備の売却成功事例》
老舗和食居酒屋、壊れた設備ありでも店舗売却(荻窪)
古い設備もそのまま売却!老舗漫画喫茶の居抜き(熊本)
ダイニングバー居抜き物件(吉祥寺)古い設備でも成約
お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録