カフェ居抜き店舗譲渡は移転のため(大阪) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

カフェ居抜き店舗譲渡は移転のため(大阪)

成約済

カフェ居抜き店舗譲渡は移転のため(大阪)

大阪府
大阪でカフェ居抜き物件を200万円で売却。
原状回復費用(125万円)をかけず、プラスでの移転に成功

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


飲食店:カフェの譲渡


譲渡希望者は、本業で雑貨の業態を100店舗以上全国展開をしていた企業。
1店舗だけ自社の雑貨商品をテストするために、飲食店を経営しています。こちらの店舗は数年サイクル移転を繰り返してきており、今回の移転にあたっては、全国対応できる「店舗そのままオークション」を利用されました。

本店舗はカフェのため、厨房設備はあまり充実はしていません。
しかし、人通りのある立地で角の為、視認性が抜群。出店希望者から人気の高い要素がありました。そのため、路面店の物件にこだわって探している出店希望者を中心に引き継ぎ先を募集。複数の検討者が手を上げました。

1番高値をつけた入居者へ譲渡


今まで、居抜きでの売却では、売却額に期待できるケースというのはほとんどありませんでした。「これから出て行かなくてはならない立場」ということで、どうしても買い叩かれてしまうことが多いのです。

店舗そのままオークションでは「オークション」形式を取り入れ、入居希望者の方の中から1番高値をつけた人へ売却するということを行っています(別途、家主さんの審査あり)。こういった形をとり、譲渡の方への手残り金が最大になるよう努めています。また、これ以外にも状況に合わせた最適な閉店方法をご提案いたします。

本店舗では、全国展開をしている定食業態のFCジーの方が、今回の抜群の立地を入手するために、200万の買取希望を提示。出店の権利を勝ち取りました。高額での売却に譲渡企業の方にもお喜びいただくことが出来ました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




カフェを「高く・早く」売るには?


カフェ・喫茶店 売却のポイントと事例

カフェの店舗売却に成功した事例


大阪でカフェレストランの居抜き物件を売却
営業中カフェ引継先を内密募集!380万の高値で居抜き成約(吉祥寺)
カフェバーの居抜き売却が12日で完了、店舗売却金をリース支払いに補填(祖師ヶ谷大蔵)
カフェの居抜き物件を250万円で売却に成功(鹿児島)
ハンバーガーカフェをスピード店舗売却!250万円で買取
カフェ居抜き物件を13日でスピード譲渡(中井駅)
カフェ(体調不良で閉店)の居抜き物件

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録