オープン2ヶ月の飲食店を売却。ポイントはリースの残債(江戸川橋) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

オープン2ヶ月の飲食店を売却。ポイントはリースの残債(江戸川橋)

成約済

オープン2ヶ月の飲食店を売却。ポイントはリースの残債(江戸川橋)

東京都文京区
売却されたのは、オープンからまだ2ヶ月の飲食店。
造作の売却代金でリースの残債を処理。負債を残さず店舗から撤退することができました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


居抜き売却で閉店オーナーの負担を可能な限り軽く


オープン2ヶ月の飲食店から閉店の相談がありました。
売上に問題はなかったものの、ここでは書けないオーナー様のプライベートな事情より閉店。

この店舗は物件紹介など出店をサポートさせていただき、対応の良さから改めてご連絡をいただきました。
開業して間もなく、厨房や物品も買ったばかり。コールドテーブルやショーケースについてはリース契約が残っていました。

ただ賃貸借の契約解除し閉店するにも、まだリースの負債が残っています。そこで、居抜きの売却をご提案。店舗の譲渡で得たお金でリース残債を支払い、負債を残さず退去できることをお伝えしました。

従業員の方へは内密にお店の買取先を募集


今回はまだお店は営業中での売却相談。もし希望額で売れない場合は営業継続もありえるため、スタッフへは知られずに売却したい、とご要望いただきました。

こういったご依頼には細心の注意が必要です。
「固定電話にはかけず、オーナー様の携帯電話へ連絡する」
「固定電話で電話にかける場合は売却相談が知られないように別の名前でかける」など徹底。

内覧についても従業員のいない定休日のみで実施し、必ず弊社の売却サポートメンバーが立ち会うというご対応をさせていただきました。そのかいもあり、本店舗も問題が起きることなくスムーズに譲渡を行うことができました。

希望額の200万円で売却に成功


こちらの物件は、東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩7分。神楽坂や飯田橋からも徒歩圏内と立地の良さが強み。

22坪の店内はカウンター4席にテーブル16席、半個室席6席の計26席。白木のテーブルで、「和テイスト」のすっきりした内装。リース契約中の物品はあるものの厨房機器類は充実。コールドテーブル類、7連ガスコンロ、冷凍ストッカー、食洗機、茹で釜、フライヤー類、縦型冷凍庫、冷氷機、五徳、炊飯器、ショーケース、シンク類などがそろっていました。

店舗売主様の希望通りの200万円で買取を行ったのは、浅草で1店舗経営している企業。「キレイな内装」と立地に対して「割安な賃料」を気に入っていただき店舗の買取を決断。
和風の内装をそのまま活かして和風居酒屋を出店しました。

この居抜き物件はほとんど工事せずにそのまま使える、という部分が大きかったようです。スケルトン物件からの出店ではどうしても工事費がかかってしまいます。飲食店の工事をスケルトンで行うと1坪あたり50万円~80万円かかるのが相場です。このような20坪の物件では、1000万円の工事費がかかる見込みでした。

結果的には、初期投資の大幅な削減を行うことができました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




居酒屋(ダイニングバー・バル)を「高く早く」居抜き売却するには?


居酒屋(ダイニングバー・バル)売却のポイントと事例

売却実績:居酒屋(ダイニングバー・バル)


妙典のダイニングバーを480万で店舗譲渡、しかも17日で
居酒屋を同業態へ譲渡!大森駅の店舗で160万円での買取が決定!
ダイニングバーの居抜き物件を25日でスピード買取(西荻窪)
居酒屋を300万円で居抜き物件譲渡(八王子駅)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録