他社が売却できなかった居酒屋を、希望額280万円で譲渡できた理由(東京・八幡山) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

他社が売却できなかった居酒屋を、希望額280万円で譲渡できた理由(東京・八幡山)

成約済

他社が売却できなかった居酒屋を、希望額280万円で譲渡できた理由(東京・八幡山)

東京都杉並区
店舗売却を模索されていた八幡山の居酒屋オーナー。
他社では買取希望の申し込みが入らず苦労されていましたが、弊社の売却サポートで希望額の280万円で無事に売却できました!

売却の成功ポイントとなった、出店者との関わり方について解説します。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)



奥様の体調不良から、ご主人に運営の負担が


京王線「八幡山駅」から徒歩5分。
アットホームな雰囲気で美味しい創作料理が食べられる、地元で人気の居酒屋。
経営者であるご夫婦から、閉店相談をいただきました。

奥様の体調が思わしくなく、夫婦2人の営業からご主人1人の営業にシフト。
ご主人ひとりで運営するには大変になり、少し小さめな坪数の店舗へ移転をご希望でした。

長年の営業で設備は古くなっていましたが、売却希望価格は280万円。
少し強気な価格設定ですが、移転に必要な費用を捻出するために設定した金額でもありました。

もし280万円以下でしか売れないのならば、「本店舗で営業を続ける予定」というご意向。
しかしそれでは、ご主人に負担がかかり続けてしまうことは目に見えていました。

他社居抜き業者では満足いく売却はできなかった


弊社への相談前に、すでに他社に売却依頼をされていました。

しかし、買い取り希望者からの反応がなかなかないばかりか、ようやく獲得できたお申し込みも希望額を下回る指値のものだけ。

時間だけが過ぎ、なかなか売却が前に進みません。
そこで、改めてご依頼いただいたのが弊社でした。

依頼する会社を変える/増やすのはあり?なし?


店舗売却を依頼した会社で思うように成果が上がらなければ、依頼先の会社を変える・増やすという手段は有効です。

理由は3つあります。

①居抜きで売れる期間は限られている
解約予告をすると退去の期日が決まります。
その期日までに解体工事を完了させ退去しなければなりません。
そのため、居抜きで募集をかけられるのは、工事を開始する日程まで。
限られた時間内に、より多くの買い取り希望者に検討してもらう必要があります。
複数の会社に依頼し、多くの検討者を募るのも1つの手段です。

②居抜き売却業者の実力はバラバラ
会社によって引き継ぎ先を決める力は違います。
単に「手数料0円だから必ず得」とも限りません。

売却額から手数料を引いた手残り金額こそが、最も重要なはずですよね。
「手数料なしで売却額50万円」と「手数料30万円で売却額100万円」では、後者の方が得。

逆に、手数料0円の会社は買い手を募集する宣伝費などにあまり費用をさけず、すべての案件に同じ力を注ぐことが難しいことも。
居抜き売却業者の本当の実力は、話を聞いただけでは判断できません。

依頼した最初の1社の動きが思わしくない場合。
他社に依頼することを視野に入れ、実績などを聞いてみましょう。
より確実に譲渡ができるよう、会社を変える・依頼先を増やすなど行動に移すべきです。

③売主ができることは限られている
買い取り希望者が見るのは、造作価格だけではありません。
賃料などの賃貸条件や周辺環境もあわせて見ています。これは売却オーナーではどうこうできない部分。
売主様が選べるのは、造作価格と募集期間、依頼する居抜き業者だけ
思うように売却に進めていないなら、どこを変えると良い結果が得られるか考えましょう。
例えば、「今月中に売りたい」という希望なら、造作価格と居抜き業者の見直しを検討するのもひとつの手段。

満足いく店舗売却のためには、居抜き業者に任せきりではなく、売主様も積極的に動いていく必要があります。

売主様の希望通りの280万円で売却に成功


本物件がある八幡山は都営のアパートを中心に多くの住宅ある地域。
地域密着経営を目指す出店者から人気があります。

しかも今回の居酒屋は駅から徒歩5分と、そこまで離れていません。
他社よりも多くの出店希望客を抱える弊社には、多数の申し込みが獲得できる勝算がありました。

募集をはじめると、予想通り多くのお申し込みをいただくことができました。
その反面、お申し込みはどれも満額でのお申し込みではありません。

そのため営業を続け、満額でのお申し込みを待つことに。

近辺で開業をお考えの方への個別紹介はもちろん、メルマガ配信のアピール・Facebookでの告知(※)など活動を行い、ついに満額のお申し込みが!
※ウェブなどに情報を出さない、クローズドでの売却募集も可能です

家主審査もスムーズに通過し、無事満額で売却することができました。

開業セミナーの参加者が物件を契約


満額でお申し込みをされた方は弊社開業セミナーの参加者。
メルマガで本物件のことを知り、内見。
「この場所で早く開業したい」と明確にイメージできたことから早期の契約へ進みました。

弊社は無料の開業セミナーを行うことで、より多くの出店者とより早くより深く関わりを持つことが特徴です。
セミナーの参加者は毎月200〜300名ほど。
参加する方の多くは、「どうやって物件を探せばいいの?」「開業ってまず何をすれば?」と準備段階の初期の方も少なくありません。

単に物件を紹介する不動産屋である他社とは異なり、より早いタイミングで接触できています。
そのため、物件を探し始めたばかりもしくは探し始める前の新しい出店希望者にも常に物件を紹介し続けられるメリットが。

またメルマガにも工夫があります。
新着の物件だけをアピールするのではなく、「テーマ別」でも配信。
『小箱』『駅チカ』『重飲食可』など、テーマにあった物件をピックアップしています。
物件のメリットを出店者の目にとまりやすい形でアピールできているのです。
新着のお知らせで見落とされた物件も切り口を変えて再度配信することで、高い成約率を実現しています。

今回のように他社で決まらず、弊社に駆け込んでくる店舗オーナー様は絶えません。
なかには売却の募集時間がじゅうぶんに取れず、泣く泣くスケルトン工事を行った方も。
売却に向けて、余裕を持ったスケジュール感を持ち、主体的に行動に移すことをオススメします。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




居酒屋(ダイニングバー・バル)を「高く早く」居抜き売却する


居酒屋(ダイニングバー・バル)売却のポイントと事例

売却実績:居酒屋(ダイニングバー・バル)


妙典のダイニングバーを480万で店舗譲渡、しかも17日で
居酒屋を同業態へ譲渡!大森駅の店舗で160万円での買取が決定!
ダイニングバーの居抜き物件を25日でスピード買取(西荻窪)
居酒屋を300万円で居抜き物件譲渡(八王子駅)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録