ラーメン店を同業態に店舗売却(駒込) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

ラーメン店を同業態に店舗売却(駒込)

成約済

ラーメン店を同業態に店舗売却(駒込)

東京都北区
駒込ラーメン店の居抜き物件売却のご相談。
元々お付き合いがあったオーナー様から頂きました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


閉店のきっかけは店長の退職


本店舗のオーナー様は谷根千エリアで複数店舗を展開している方。
任せていた店長の退職に伴い、この店舗のみ少し離れてしまっていることもあり、そのまま売却したいお考えでした。

お話ししていく中で、「店長さえいれば問題なく運営できる」という結論に至り、居抜きでの募集にプラスして、人材のみの募集(運営委託)を並行して行いました。
ただ、店長候補は何人かあがったもののオーナー様のお眼鏡に適う人材がいなかった為、そちらは一度打ち切ることに。

ラーメン店の独立開業者が買取


引き続き譲渡先をお探ししていき、ちょうど条件に当てはまる入居候補の方を発見。
和歌山県出身で、和歌山ラーメンの開業ご希望の方。本当は「もう少し都心で」とお考えでしたが、独立開業の方が都心の良い立地の物件を取得するのは難しい(チェーン店などに競り負ける)という事情もあります。そこで都内の物件をよく探した結果、今回の店舗にいきついたようです。
1人で回せる手頃な大きさであること、同業態のため使える設備が多いことが気に入り、店舗売却の成立となりました。

より良い選択の1つとして「居抜き売却」


今回のように、人材が確保できれば存続できる場合、必ずしも居抜きで売却する必要はありません。問題は、解約しない限り発生する固定費です。

店舗そのままオークションでは、オーナー様に人材募集をしていただきながら、弊社では居抜きの後継テナント募集を行うなど柔軟に対応しています。
このような方法だけでなく、業務委託・営業委託、オーナーチェンジなど、より良い選択をしていただけるようサポートをしています。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




店舗そのままオークションのサービス内容


実績2380件・顧客数9万1千人!サービス内容は?

よくあるご質問「店舗売却」サポートのプロが答えます


居抜き物件・居抜き店舗の意味
業務委託・営業委託の意味
居抜き物件売却のよくあるトラブル・注意点
ラーメン店 売却のポイント

店舗売却「ラーメン店」事例


駅前ラーメン店の店舗売却(本千葉)
ラーメン店の居抜き売却!地下1階7坪のショットバーへ業転(中野)
無料査定を活用しラーメン店を売却(飯能)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録