カラオケダイニングバーの居抜き物件を35日のスピード売却(自由が丘) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

カラオケダイニングバーの居抜き物件を35日のスピード売却(自由が丘)

成約済

カラオケダイニングバーの居抜き物件を35日のスピード売却(自由が丘)

東京都目黒区

人材不足のため居抜き店舗として売却


こちらは自由が丘駅前施設内の店舗です。韓国料理(焼肉店)として営業しており、3ヶ月前よりカラオケも歌えるダイニングバーとして業態転換を行いました。

営業努力のかいもあり、徐々にお客様への認知度も高まっていました。ところが、従業員の帰国などが相次ぎ、人材難に。人材募集をしましたが、なかなか採用まで至りません。

人材採用の目途が立たないため、テナントオーナーから「早いタイミングで引継ぎ先を見つけられれば撤退したい」と弊社にご相談をいただきました。

近くのカフェバー店長が店舗買取!オーナー様希望通りの200万円


テナントオーナーの売却希望額は200万円。
立地も良く、新しい店舗のため価格をもう少し高めに設定できることをお伝えしご検討いただきました。ただ金額よりスピードを優先。人材が足りないなか、無理をして営業を続けるよりは、すぐにでも引き継ぎ先を見つけたいというご希望をいただきました。

その結果、募集から1ヶ月程度でご希望通りの200万円で売却に成功。

買取を行ったのは近隣カフェバーの店長。勤務する店から独立し、カフェバーを開きたいと自由が丘近辺で物件を探していました。

本物件の決め手は、好条件立地とほとんど新品同様の内装・厨房設備。特に設備は、3ヶ月前にそろえたばかりだったため、ご満足いただきました。

突発的なトラブルの対応として居抜き売却を行うなら、1つだけご注意を


人材不足・高齢・病気・介護のためなど、店舗の売却理由もオーナーそれぞれ。本件と同じく、急きょ閉店しなければならない事態も少なくありません。

しかし、時間がないからといって居抜き業者を見極めずに進めると思わぬ損をすることも。手数料0円をうたう業者のなかには、引き継ぎ先を探すためのコストもかけず、しっかり活動を行わない業者もいます。時間のみが消費され、候補者が一向に現れないということが起こりえるのです。

業者を見極めるためには手数料の確認だけをするのではなく、「手残りを大きく閉店できるか」という視点で選ぶことが重要です。手数料無料で200万円で売却する場合と成功報酬の手数料が50万円でも300万円で売却できた場合とどちらが得でしょうか?
居抜き業者が引き継ぎ先を見つける力をきちんと持っているか。業者が抱えている顧客数(買取希望者数)や募集の手段を確認しましょう。

緊急事態だからこそ慎重に見極め、メリットを最大限に生かせるよう店舗売却をすすめていきたいですね。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




居抜き譲渡に成功したバーの事例


居抜き店舗を近隣オーナーへ売却(津田沼)
妙典のダイニングバーを480万で店舗譲渡、しかも17日で
カフェバーの居抜き売却が12日で完了、店舗売却金をリース支払いに補填(祖師ヶ谷大蔵)
ダイニングバーの居抜き物件を25日でスピード買取(西荻窪)
今は使っていない厨房機器の譲渡で115万円!平塚のビアバー居抜き

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録