パスタ店の売却成約の決め手は、融資サポート?(神田) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

パスタ店の売却成約の決め手は、融資サポート?(神田)

成約済

パスタ店の売却成約の決め手は、融資サポート?(神田)

神田
人材不足により閉店を決意されたパスタ店を、ローマピッツァ開業の方に売却成功!

店舗の厨房設備は充実しており、300万円で譲渡を希望されていました。
場所も人気エリアの神田駅から徒歩3分、すぐに決まるかと思いきやそうはいきませんでした。

居抜き譲渡の金額としてはそこまで高くないものの、好立地だからこそ敷金など物件取得にかかる費用が安くなかったのです。

内覧される方は多いものの、決まりそうでなかなか売却先が決まらない店舗でした。

そこで出店希望者の創業融資をサポートすることで、出店資金を確保いただき無事に契約!

⇒店舗のプロに売却相談をご希望の方はこちら


複数の繁盛店を経営しているからこそ、人材の補填が難しかった


売却のご相談にいらっしゃった方は複数の店舗を経営しており、その中のひとつが今回の生パスタ店でした。

お店の立地は神田駅から徒歩3分。
神田駅の周りにはオフィスが建ち並び、サラリーマンも多いエリアのためお昼時ともなれば店内は満席。

一方夜は落ち着いた雰囲気で、様々な種類のお酒が楽しめるお店でした。
しかし悩ましいのは、他の店舗もどれも繁盛していること。

不足したときに人材の補填ができず、閉店を余儀なくされました。

出店コストの高さがハードルとなり、なかなか申込みが入らない


元々イタリアンだった居抜きの譲渡費用は300万。
設備は充実しているため、造作設備額は300万でもそこまで高いと感じません。

ハードルは、それ以外の物件取得コスト。
神田駅から徒歩3分という好立地のため、賃料は高く保証金も10か月分。
その他にも礼金や保証会社の使用料や店舗保険など物件取得コストは安くない物件でした。

立地の良さから内覧はあるものの、なかなかお申し込みまでされる方は出てきません。

そんなとき、成約まで進めるにはどのような対応が考えられるでしょうか?

譲渡側の条件を下げず、出店側の予算を増やすことで成約へ


このようなケースでは、一般的な不動産会社は物件取得費を提示するだけ。
もしくは店舗譲渡金額を安くしましょう、と売却オーナー側にご提案することしかできません。

ですが私どもは、全く違ったアプローチで成約まで持っていくことができました。

出店側の融資をサポートし、予算を増やすことで成約したのです。

融資サポートの成功率は90%以上


「この物件でやりたいけど出店資金が足りない、、、」
そんなお客様に対して、政策金融公庫を中心とした創業融資のお手伝いもさせていただいております。

その成功率は、9割超。

「物件の候補はあるが、融資通過には不安がある。」
「自身の経験や与信で、どのくらい融資を受けられるかわからない。」


そのような方は少なくありません。
融資のご相談専用の窓口・スタッフもご用意しており、年間の相談件数は500件以上!

今回成約されたお客様も、この融資サポートを受け、無事に物件を獲得することができました。

創業融資のサポートまで行う不動産会社はいないため、私どもの店舗売却の成約率は群を抜いて高い数値を維持できているのです。

単なる物件紹介の不動産会社ではないからこそ、あなたの店舗を売却する確率を高めることができます。

⇒店舗のプロに売却相談をご希望の方はこちら


レストラン(イタリアンなど)売却の事例


イタリアンから肉バルへ。希望額の300万で居抜き売却(船橋)
ダイニングレストランの居抜き物件売却(南青山)
イタリアン店舗を売却しダイニングバーへ(代官山)

物件取得費が高い店舗を売却できた事例


渋谷のカフェダイニングを650万円の高額売却に成功!
イタリアンから肉バルへ。希望額の300万で居抜き売却(船橋)
買い手募集から14日で契約!引き渡し時期条件付きでカフェレストラン売却(神楽坂)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録