空中階のホテル内中華料理店の居抜き売却(京成小岩) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

空中階のホテル内中華料理店の居抜き売却(京成小岩)

成約済

空中階のホテル内中華料理店の居抜き売却(京成小岩)

京成小岩
京成小岩の駅近くのホテル内にある、中華料理店の閉店サポートを行いました。
実は、経営自体は安定していたこの店舗。

それでも店舗の売却をお考えになったのは、戦略の転換がきっかけ。
オーナーとして他にどうしても優先して取り組みたいことがあり、閉店売却をお考えになられたのです。

早速大家さんに造作売買の可否を確認したところOKが出たのですが、成約を安易に考えてしまったのはオーナー様の不注意。

物件解約を入れてしまったため、スケルトン戻しのタイムリミットまで2ヶ月程しかなくなってしまったのです。
今回は無事売却できたものの、一つ間違えばスケルトンに戻すための解体工事費用を負担するところでした。

お気づきのように、店舗の売却では解約予告を入れる前に募集をかけるのがセオリーです。
もし解約予告を出してしまった方はお早めにご相談下さい。

⇒解約前に売却相談(無料)


他にどうしてもやりたいことがあり閉店を決意


京成小岩は大きな駅ではないものの、中華料理店の売り上げは安定していました。

店舗が格安ホテルの敷地内にあったため、ホテル側は食事提供を行っていないため観光客がよく利用していたのです。

ですが譲渡オーナー様には、他に大きな夢がありました。
夢の実現のためには、今のお店の経営を同時進行することは難しく閉店を決意。

しかし、譲渡オーナー様はひとつ大きなミスをしてしまったのです。

解約を入れ募集をかけたものの、まさかの反響なし


すぐに売却できる「だろう」と思い込み、物件の解約を先に入れてしまったのでした。
もちろん解約を入れたことにより、お店の撤退日は確定。

想定外だったのは、実際に募集を開始するとお申し込みどころか、内覧すらなかなか入らない状態でした。

その原因は2つ。

・1つ目は当物件の最寄駅が誰でも出店したいエリアではなかったこと。

京成小岩はJR小岩駅と約1.5キロ離れており、乗降客数は4分の1程度。
開業を検討し集客・売上を想定する時には、駅の乗降客数がひとつの判断材料です。

そのため駅の規模が小さいと、どうしてもその物件の検討優先度は低くなりがち。

・2つ目は物件が2階だったこと
開業をお考えの方の多くは、1階路面物件を希望されます。
1階路面の方が集客が見込みやすく、人気であることはすぐに想像がつきますよね。

しかしこちらの店舗は2階にあり、直接お店に出入りできる専有階段もありませんでした。

この2つの理由により、物件へのお問い合わせは多いとは言えませんでした。

なかなか売れず解約のタイムリミットまで約2ヶ月に


解約を入れてしまってから3ヶ月。
さすがに楽観視をしていた譲渡オーナー様にも、焦りが。

残り3ケ月というものの、残された実質猶予は2ヶ月半。

スケルトン戻しの契約があるため、退去までにお店の中(内装)を何もない状態にする工事期間もとっておかねばならないためです。

だからこそ、一刻も早く売却先を見つける必要がありました。

ついにこの物件を見たいというお客様をご案内し、そこから成約まではスムーズでした。

この物件を買い取った要因は2つ。
ひとつは家から通いやすいこと、もうひとつはホテル敷地内での利用シーンをお伝えすることにより集客イメージがついたこと。

スケルトン戻しの解体費用に加え、空家賃が発生するという、最悪の展開はなんとか避けることができました。

閉店や売却に迷ったら、まず解約前にお電話ください


譲渡オーナー様は早めにご連絡いただければ、もっと余裕を持って売却できたことはもちろん、より高額で買い取ってくれる方を見つけることもできたかもしれません。

赤字額が酷い場合はすぐに解約を入れた方がいいケースなど、経営の状況・立地・造作売却の希望額によって、取るべき選択肢は様々。

ですが間違いなく、解約前に早めに売却相談を行うことにデメリットはありません。
まずは自店の売却をどう進めるかを把握しておいて、実際の売却募集はそれから検討しても構わないのです。

10店舗の売却相談があれば、その事情や最適な策は10店舗とも異なります。

閉店経験のあるお知り合いがいても、その人の経験談をそのまま鵜呑みにすべきではありません。

同じ立地・場所。同じ経済条件。同じ業態。同じ設備。
そうであれば話は別ですが、そんなことはありえないですよね。

だからこそ弊社のような、売却譲渡の専門会社であるわたしどもに相談が絶えないのです。
お一人で動かれるより、良い結果になる可能性が上がることをお約束します。

⇒店舗のプロに売却相談(無料)


中華料理店の居抜きを売却するときのポイントと事例


中華チェーンの居抜き店舗を300万円で譲渡(錦糸町)
中華料理店の居抜き物件(葛西)
中華カフェレストランの居抜き店舗譲渡。下北沢の駅徒歩一分

重飲食の店舗売却した事例


焼肉店を閉店させずノウハウごと800万で売却(福岡・久留米)
焼肉店の店舗譲渡を550万円で成功!
駅前ラーメン店の店舗売却(本千葉)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録