失敗しない店舗売却は、出店サポートノウハウの有無で決まる | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

失敗しない店舗売却は、出店サポートノウハウの有無で決まる

成約済

失敗しない店舗売却は、出店サポートノウハウの有無で決まる

東京都・江戸川橋
江戸川橋の居酒屋からの閉店相談。
譲渡オーナー様の希望は「早期の引き継ぎ」でした。

「1ヶ月以内に引き渡したい」という売主様のご意向にそうため、弊社で入居者側の融資をサポート。
通常、1ヶ月はかかる融資を今までの実績とノウハウで短縮。
3週間で融資を満額で獲得しました。

結果、譲渡オーナー様の希望の期間内で物件の売却となりました。

入居者側の融資サポートにより、店舗売却の成功率を大きく引き上げられることを改めて実感しました。

⇒店舗のプロに売却相談(無料)



1ヶ月以内にお店を譲ることに


この居酒屋は江戸川橋駅から歩いて7〜8分と少し離れています。
しかし角地で視認性も良く、地元の人にもよく知られる人気のお店です。

急きょ、やむを得ない事情から、およそ1ヶ月以内に物件から撤退しなければならなくなってしまいました。

物件を居抜きで譲渡する算段をつけるため、弊社にご相談いただきました。
時間がない話なので、まずは「スピード」を最優先で動くことに。

店舗そのままサポートの最速成約実績は「掲載スタート」⇒「賃貸借契約締結」まで4日!
最良の売却戦略を選択することで、スピード売却を実現しています。

今回のケースでも、「ここでやりたい!」というお客様をスグに見つけることができました。

しかし、売却成立までに1つハードルが。

「ここで契約したい」とかなり気に入ってはいただいていたのですが、資金不足
融資を受けなければ開業できない資金状況でした。

創業融資申請をサポートし無事成約へ


“普通”に融資を申請したのでは、間に合いません。
政策金融公庫の創業融資を個人事業主が申し込みをした場合。
一般的に、審査が下りるまでに約1ヶ月はかかります。

流れとしては、このような形です。
①申請のための書類を準備、申し込み
②公庫の担当者が書類を確認
③面接
④結果連絡
面接できる日程は限られており、スグに対応してもらえるとは限りません。
ここで2週間過ぎてしまうことも。
そして、面接後、結果が出るまでもおよそ2週間かかります。

この1ヶ月かかるスピード感では、今回の物件契約には間に合いません

そこで、弊社の融資サポートを活用。
すべて含めて3週間ほどで満額融資を獲得しました。

本物件で契約し、無事開業。
売主様にとっては、希望期間内に譲渡できる結果となりました。

早く・確実な融資サポートで成約率は何倍にも増える


物件検討者の開業・融資サポートが居抜き成約率を何倍にも引き上げています。

単に「買いたい」という人を見つけるだけでは不十分。
・資金が足りない
・集客に不安がある
・人材採用のやり方がわからない
こういった不安や問題を解消し、成約に繋げています。

より多く方に良い方向で検討してもらうことで、売却できる確率を上げることができます。

例えば、資金なら。
「物件取得費に500万円かかるならムリだ…」ではなく、
⇒600万円の融資が受けられるなら検討できる
⇒内装費のコストダウンをはかり、100万円確保できないか
こういったご提案やサポートをしています。

弊社は行う融資サポートは年間100件以上
今回のようにスムーズに融資を受けられる方法やより確実に融資を受けるための事業計画書の作り方などノウハウがあります。

融資の成功率を2.5倍〜3倍ほどに上げるというこうことは、売手となるオーナー様によっての有効な売却先が3倍ほど増えるということ。

店舗売却をより確実に行うために、充実した出店サポートがいきています。

早く売却・譲渡できたご支援実績の一例です。


妙典のダイニングバーを480万で店舗譲渡、しかも17日で
カフェの居抜き物件を36日のスピード譲渡(鎌倉)
業務委託で「韓国料理店」を引き継ぎ!22日でスピード決定

居酒屋(ダイニングバー・バル)を売却するときのポイントと事例


店舗移転で売却。焼き鳥ダイニングを高額売却できたポイント(横浜関内)
大阪「東三国駅」のワインバーの居抜き物件を売却し、移転(大阪)
飲食店閉店で、こだわり内装の造作物を500万で売却

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録