ラーメン店舗を居抜き売却し移転(東京・湯島) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

ラーメン店舗を居抜き売却し移転(東京・湯島)

成約済

ラーメン店舗を居抜き売却し移転(東京・湯島)

東京都文京区
ラーメン店の居抜き店舗を300万円で売却。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


閉店理由は移転


世田谷方面から移転してきて約2年、堅調に運営している店舗ですが、ご家族の事情で引き継ぎ先が見つかれば東京を一旦離れる予定。

本店舗はこちらのオーナー様にとって2店舗目。
1店舗目の売却時に弊社にご依頼いただいておりました。
その際は他社で引き継ぎ先が見つかったのですが、対応として弊社が1番だったということで本店舗でもお声掛けいただきました。

居抜き物件を300万円で買取


本物件の買取を行ったのは独立開業の方。
弊社物件担当がニーズを把握しており、本物件をご紹介させていただいたところ成約。

大手居酒屋チェーンで勤務をしており、居酒屋業態で独立を目指していました。
本店舗は形が悪く席数が取りずらいのが難点でしたが、
駅から近く休日平日ともに人通りがあることをご確認いただき300万円での買取に繋がりました。

売却主として「居抜き業者」を選ぶポイント


売却主として、居抜き譲渡の成約率をアップさせるためにできることは、実質半分です。
店舗設備の売買だけではなく、賃貸契約も絡んでくるためです。賃貸の条件(賃料や保証金)は家主様が決めるため、この部分はコントロールがききません

自由が効く部分の1つとして「居抜き業者」の選定があげられます。
もし専任(1社に依頼)で任せていて、なかなか決まらないようなら、複数の業者を使うのも1つの手。いち早く売却を希望されている場合は、積極的に動くべきです。

では、どのような「居抜き業者」を選ぶべきか。
ポイントは2つあります。

1、買い手側の視点で、問い合わせしやすいウェブサイトがあるか
ご自身の物件が掲載された時、問合せがくるイメージがわくか先にチェックしましょう

2、全国に「リアルな」営業ネットワークを持っているかどうか
ウェブだけでは不十分。多くの顧客と接点があり、情報が届けられることが大切です

売却主にとって、店舗売却に成功(=居抜き後継テナントが決定)すれば、メリットしかありません。しかし進め方しだいで、手残りの金額には大きく差がつくケースも。
注意点をまとめておりますので、こちら【居抜き物件売却のよくあるトラブル・注意点】もご参照ください。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




店舗を売買し、移転したケース


移転ラーメン店を約1か月で店舗売却(埼玉)
大阪「東三国駅」のワインバーの居抜き物件を売却し、移転(大阪)
カフェ居抜き店舗譲渡は移転のため(大阪)

ラーメン店を売却するときのポイントと事例


ラーメン店は居抜き物件として売却しやすい?
(事例)ラーメン店の居抜き物件譲渡(入谷)
(事例)駅から遠いラーメン店を居抜き店舗売却(横浜)
(事例)ラーメン店の居抜き物件(亀有)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録