原状回復せずにラーメン店の居抜き物件を売却(亀有) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

原状回復せずにラーメン店の居抜き物件を売却(亀有)

成約済

原状回復せずにラーメン店の居抜き物件を売却(亀有)

東京都葛飾区
駅前繁華街のラーメン店から人材の問題で閉店のご相談をいただき、その後約1ヶ月で成約。
原状回復を免れ160万円で売却!

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


後継者不在から亀有ラーメン店が撤退


亀有駅から徒歩2分のラーメン店から閉店のタイミングや手順についてのご相談。
出店をしてから日も浅いのですが、任せた人材が急遽店舗運営に入れなくなり、後継者も不在なことから早いタイミングでの引き継ぎ先を探す事になりました。

本店舗は亀有駅前、繁華街のラーメン店1・2階の一棟貸し店舗。
2Fは店舗として使用していません。しかし一棟貸しであるからこそ、看板大きく出せて目立つという利点があります。
ヒアリングの結果、オーナー様が入居した際は居酒屋の居抜きで、可能性の広い店舗であることがわかりました。ラーメン店だけでなく、居酒屋など幅広い業態に使えるお店です。

閉店は周辺には秘密にしつつ店舗買取を進める


ただ、オーナー様のご意向として閉店情報を知られたくない、というお気持ちがありました。そこで、一般ユーザーがインターネット上で見ることのできない様に管理。
弊社と協力会社のみで情報を共有。秘密厳守で個別でお客様にアプローチをしました。

その際にご提案した方が、「ここなら出来る!」と実感していただき、内装費用等も問題なかった為ご入居に至りました。こちらの方が内覧してから契約までは2週間程。スピード感のある譲渡でした。

ニーズに合った物件紹介から居抜きでの買取が決定


こちらのお客様は弊社が主催する開業者向けのセミナー(物件探しや開業資金について)にご参加いただき、そこから開業アドバイザーがこちらの方のニーズを把握しておりました。
「下町の商店街」のようなところで居酒屋を開業したい、と物件を探していらっしゃいました。元々の検討地域に亀有は入っていませんでしたが、アドバイザーが本店舗をご紹介すると場所のイメージがぴたりと一致し、ご成約となりました。

本物件を取得する為、融資のお手伝いもさせていただきました。弊社のノウハウを使うことで、短期間で融資が受けることが出来ました。スピード感ある譲渡にオーナー様もお喜びいただくことに!

実は、本店舗では解約予告を出しておりリミットが迫っている状態。家主様からは期限内に決まらないようならスケルトン戻しが義務、と言われていました。
ここで譲渡が決まらないようであれば、戻す費用がかかってしまうところ。今回は、入居者様と譲渡オーナーで造作売買価格のすり合わせを行い、160万円での買い取りが決定。
原状回復せずに済むどころか手残りがあるなんて、と驚きの声をいただきました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)



「早く」売却できた居抜き店舗物件(造作譲渡)の事例


解体工事の費用をギリギリで回避!人気パン屋の売却相談
買い手募集から14日で契約!引き渡し時期条件付きでカフェレストラン売却(神楽坂)
イタリアンから肉バルへ。希望額の300万で居抜き売却(船橋)
体調不良による閉店飲食店を「即」買い取り(池袋)

ラーメン店を売却するときのポイントと事例


(ポイント)売却しやすいラーメン店の特徴とは?
(事例)ラーメン店の居抜き物件譲渡(入谷)
(事例)駅から遠いラーメン店を居抜き店舗売却(横浜)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録