資金が尽きたラーメン屋を1800万円で造作譲渡(名古屋市中区) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

資金が尽きたラーメン屋を1800万円で造作譲渡(名古屋市中区)

成約済

資金が尽きたラーメン屋を1800万円で造作譲渡(名古屋市中区)

愛知県名古屋市

フランチャイズ本部からも内々で出店・閉店相談


ラーメンFC店から別のラーメンFC店に切り替わるという珍しい相談でした。元々加盟検討者の候補物件についての相談がきっかけ。実は今まで弊社は多数のフランチャイズ(牛角、ガリバー、サンマルク、銀のさらなど)の出店支援を行ってきた実績があり、今でも100社以上の本部と付き合いがあります。

物件開発や商圏診断など出店周りのご支援を行う中で信頼していただくことから、逆に閉店・撤退のご相談を内々に頂くケースも多くあります。

譲渡先が決まらなければ破産。ラーメン店舗を早く売りたい


今回は、とあるラーメンFC店を経営していたオーナーが現在の店を閉め、新たに別のラーメンFCに加盟したいというご要望。店舗は十分に利益が出ている黒字店舗でしたが、店舗の業績とは別の部分でトラブルが発生。急な支払いの必要が生じたために、運転資金が底をついてしまいました。

飲食店に限らずどの商売でも、赤字になったらすぐに倒産・廃業しなければいけないということではありません。日々の支払いに必要なキャッシュ(現金)が回らなくなった時が事業撤退せざるをえないタイミングなのです。

しかもラーメンなどの飲食店は閉店・解約しようにも原状回復費(斫り工事など)などの撤退コストがかかるため、すぐにはその決断はできません。しかし、このまま借りていてはずっと固定費を払い続けなければいけない、まさに板挟みの状態でした。

店舗売却を無事終えた後に店主に伺ったところその当時は、「譲渡先の候補もなく、破産するしかないと覚悟を決めていた」とおっしゃっていました。

募集から2週間、譲渡価格1800万円のハイスピード&高額売却を実現



とにもかくにもまずはスピード重視で引き継ぎ先の募集を開始。しかしその結果は驚くべきものに。ご相談から2週間で、なんと買取額1800万円で居抜き譲渡が成立致しました。

ハイスピードかつ高値で造作譲渡できたのには3つのポイントがあった



今回の高値譲渡の成功ポイントは3つありました。

1つ目は、立地。
名古屋市中区のオフィス商業立地のはずれにあるラーメン店。
周辺には店舗がそれなりにあり、競合もいるエリアです。
本店舗は視認性は抜群の1階路面店。ランチもディナーもしっかりと集客ができていました。

2つ目は、実績。
造作譲渡の価格が1800万円でも、2年以内に回収が見込める利益が確保できていました。引き継ぐ方へ今の実績をアピールすることで価値ある店舗とご判断いただくことができました。

3つ目は、売却理由を明示できたこと。
「黒字の店舗をなぜ売るんだろうか?」引き継ぐ方は必ず気になる部分です。
今回はその理由を明確に示し、引き継ぐ方にご納得いただいたためスムーズに居抜き譲渡を成功することができました。

本店舗では、造作の買取で1800万円を支払っても収益が見込め、業態が同じラーメンだったため居抜き活用のメリットを強く感じていただき、買取に至りました。

引き継ぐ方からみると店舗の売却理由は気になる部分。
「高齢での引退」「人材の問題」などであれば、引き継ぐ方からみれば全く問題ありません。引き継いだ際にマイナスになる事柄ではないためです。

しかし現在利益の出ていない店舗であっても、居抜きで売却できる確率は十分あります。業態を変えることによって集客状況の改善や効率の良い運営をすることで利益が見込めるためです。

この他、居抜きでの売却価格は、募集時期や周辺の環境によって変わります。閉店・売却は早いタイミングで行動に移しておくことで多くの選択肢を選ぶことができます。有利に進めていくためには、ある程度は募集期間に余裕を持った方が良い結果になることが多いことは間違いありません。ご相談・査定は完全無料で行っていますのでお気軽にご連絡ください。(サポート担当:0120-99-8538)

閉店オーナーも開業に再チャレンジする希望を持てた



本店舗の売却では、空家賃や原状回復費などの閉店コストを支払わずに済み、元オーナー様にはとてもご満足いただきました。ゆくゆくは再び店舗経営を始めることをお考えのようです。もし、今回の居抜きの売却に失敗していた場合、再び事業をするなんてことを考えることすら困難だったでしょう。最高といえる状態で譲渡できたため、再起しやすい状況を作る事ができました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)



ラーメン店を高額で売買するには


売りやすいお店の3つのポイント

地方都市の居抜き物件譲渡の成功例


海外出店のため居酒屋を居抜き物件で売却(愛知)
「変わった設備」の軽飲食店をカレー店に売却(鹿児島)
イタリアンの居抜き物件売却(大阪西天満)

店舗を「高く」譲渡・売却できた事例


札幌の和食居酒屋を525万円で売却!初期投資を回収し、アメリカへ
焼肉店を閉店させずノウハウごと800万で売却(福岡・久留米)
ラーメン店の居抜き物件をステーキ店が750万円で買取(秋葉原)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録