新井薬師の住居付き居抜きラーメン店舗を、岡山の外食企業が買取り | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

新井薬師の住居付き居抜きラーメン店舗を、岡山の外食企業が買取り

成約済

新井薬師の住居付き居抜きラーメン店舗を、岡山の外食企業が買取り

東京都中野区
新井薬師の住居付き居抜きラーメン店を、岡山の外食企業が買取りました。

長時間労働になりがちな、個人飲食店。
こだわりのラーメンを提供していた、この新井薬師のお店も例外ではありません。
仕込みに加え、通勤時間の長さも重なり、疲労が溜まりつつあるオーナー様。

開業して数か月でこれでは、長くは続けられない」と移転を決意されました。

住居付き店舗だったため、この場所で開業すれば住宅の賃料を浮かすことができます。
県外から移住して商売もしやすいため、全国に対象を広げて入居者を募集。

結果的に、岡山の外食企業が買い取ることになりました。

想像以上のハードワークから移転を決意


ラーメン店を独立開業したオーナー様。
「人を感動させるラーメン」作るべく、新井薬師駅に店をオープン。

こだわりの商品がラーメン通の心を射止め、食べログ点数3.5を超える人気店へ成長。
徐々に行列もでき、経営も軌道に乗り始めてきたところでした。

しかし、身体がどうにもついていきません。

もともとオーナ様は別業界で働いており、飲食業は未経験でした。想像以上のハードワークに加え通勤時間も長く、とうとう体力も限界に。

自宅は賃貸ではなく所有物。
ご家族のことを考えると、引っ越すという選択は現実的ではありません。

「この場所では続けていけない」と判断し、移転を決意
弊社に売却相談に来られたのです。

住居付き店舗は日本全国に募集対象を広げやすい


こちらの居抜き物件、実は上層階は住居になっておりました。
1階が店舗、2階が住居スペースのため住み込みもOK。
住居として使うだけでなく、従業員の休憩スペースや倉庫、もしくは事務所としても活用できます。
譲渡オーナー様は2階を事務所として活用していました。

今回のテナント入れ替えに際し、弊社で考えた切り口は「2Fを住居として活用できる方へのご提案」。
開業場所と同時に住居も確保できる物件であれば、遠方の方も検討可能
そして、この提案を十分に活かせる、全国の顧客ネットワークが弊社の強みです。

私ども「店舗そのままオークション」は、首都圏のみならず全国の出店希望者様に会員登録を頂き、98000人超を保有しています。
そこで全国の会員様に「2F住居付き物件」としてご紹介。
狙い通り、地方から東京への出店を検討する企業様に関心を持っていただくことができました。

岡山県の外食企業が、東京に進出


都内の出店を考えていた岡山の老舗企業が、本店舗を買い取りました。

県内で居酒屋・ラーメン店を複数運営するこの企業様は、好調なラーメン業態の東京進出を検討。
ちょうど良いタイミングで本物件を見つけました。
出店業態は同じラーメン店のため、そのまま使える厨房機器も多く双方メリットがある譲渡です。

サービスを全国展開している弊社だからこそできた売却


今回の事例のように、地方から首都圏や地方都市圏への出店はもちろん、最近では「都市圏→地方」の出店も目立ちます。

『家賃の高い首都圏を避けたい』『ご自身の出身地へUターン出店』などさまざまなご相談が寄せられるのです。

しかし、離れた地域の物件情報は手に入りづらいのが現状。
店舗不動産はその地場の不動産業者が持っていることが多いですが、本当にその物件情報を欲する「全国の出店希望客へ」届いているかというと疑問が残ります。

「店舗そのままオークション」を活用すれば、全国の出店希望者98000人へ告知ができます。(※もちろん、あまり情報をオープンにしない形で募集をかけることもできます)

従来の不動産取引では成立し得なかった、成約の創出が可能です。



ラーメン店の居抜きを売却例


無料査定を活用しラーメン店を売却(飯能)
ラーメン店の居抜き物件譲渡(入谷)
設備不十分なラーメン店の店舗売買(茅ケ崎)

ラーメン店を居抜き売却


ポイントと事例

地方都市の居抜き物件譲渡の成功例


海外出店のため居酒屋を居抜き物件で売却(愛知)
「変わった設備」の軽飲食店をカレー店に売却(鹿児島)
イタリアンの居抜き物件売却(大阪西天満)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録