「パターン別」居抜き売却ノウハウ - 居抜き店舗取引の疑問と回答 - 飲食店売却/買取/閉店は【日本最大級】店舗そのまま

よくあるご質問

「パターン別」居抜き売却ノウハウ

なるべく高く店舗を売りたいのですが、どうすれば良いですか。

なるべく早く売るポイントは「不動産の解約予告を出す前に」ご相談いただくことです。
これは通常よりも、店舗の売値を下げにくくする効果があります。

逆に、引き継ぎ先を探す前に解約予告を出してしまうと高額売却が難しくなってしまいます。
理由は、家主(及び不動産会社)が次テナントの募集を開始するためです。
家主さんは家賃が収入源のため、入居者のいない空白の期間を作らないことが最重要と考えています。現テナントの内装・厨房設備を売れるかどうかということは家主さんの懐には影響がないため、居抜きが売れるかどうかは重要視されない場合が大半です。

そうなると、契約上で原状回復義務を課している店舗では、スケルトン(内装設備がない建物躯体のみの状態)前提で次の方を決めてしまうこともあり、居抜きでの退去自体ができなくなってしまうことも。当然、原状回復の解体費用は入居している借主が支払います。

上記とはまた別のケースとして、引き継ぎ先を募集した結果、希望する造作価格で買取る方が見つからなかった場合もあります。
その時点で解約予告を出していなければ、そのまま継続して経営を続けるという選択肢を残すこともできます。
弊社の場合、完全成功報酬のため引き継ぎの先募集には費用が一切かかりません。
希望額に届かないようであれば「売却はやめておく」というお客様も多くいらっしゃいます。

居抜きの場合、店舗の業態によって高く売れるポイントは異なります
例えば、ラーメン店であれば、茹で麺機などの特有の厨房設備、焼肉店ならダクトなど。
業態ごとに高額・スピード売却のポイントをまとめました。

<<業態ごとの売却ポイントと事例>>
ラーメン店
カフェ・喫茶店
レストラン(イタリアンなど)
焼肉・ホルモン焼店
居酒屋(ダイニングバー・バル)
テイクアウト店


<<高額売却に成功した事例>>
10坪創作料理店を300万円で居抜き売却(六本木)
2店舗を同時に売却し、ひとつの店の経営に集中(大森駅)
小さな洋食店をカレー店開業者にドンピシャ売却(横浜市中山駅)
沖縄のカフェを高額売却!ビーチサイドが強みに
熊本でレストランの居抜き物件を350万円で売却

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録