体調不良による閉店飲食店を「即」買い取り(池袋) | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

体調不良による閉店飲食店を「即」買い取り(池袋)

成約済

体調不良による閉店飲食店を「即」買い取り(池袋)

東京都豊島区

体調不良で閉店したいのに管理会社の動きが鈍い


女性オーナー様が経営していた池袋の韓国ダイニング。
体調不良のため閉店することになりました。

管理の不動産会社へ引き継ぎ先を探すように依頼しましたが、いっこうに候補者が現れません。
オーナー自ら動く必要があると感じ、弊社にお話をいただきました。

まず募集の状況を確認したところ、引き継ぎ先が現れないのも納得でした。
というのも管理会社は、不動産会社用のウェブサイトへ掲載しただけ。
出店(入居)希望者へ直接の告知を全くしていなかったのです。

不動産業界の実情をお話しすると、これは「よくある」こと。
管理会社は居抜きのまま決めることにメリットがなく、懸命に動く理由がないのです。
なぜならテナントが原状回復を行ったうえで退去し新たに入居者を決めても、利益は変わりません。

空家賃を避けるため、弊社が買取


オーナー様の体調を考えると早く休業することがベター。
しかし、本物件は解約届は出しているものの、退去の期日まで間がありスグに退去できません。

もし賃貸借の契約を続けたまま休業するとどうなるか。
毎月27万円の家賃がそのまま出て行くだけになり、頭の痛い問題となっていました。

店舗を査定し、立地と物件条件から相場を100万円と算出。
その金額であれば「即」買い取る旨をお伝えしました。

内装はそのまま!ダイニングバーが出店


とにかくスピードを重視していたオーナー様は、弊社への売却を決断。
ムダな賃料を払うことなく、賃貸借契約を解除することができました。

一方、弊社はさっそく以前から繋がりのあった独立開業者へ物件を紹介。
300万円で出店できる物件を探していたバーテンダーの方が、
そこでダイニングバーを開業することになりました。

本物件では、内装工事が必要なく看板の変更だけで出店。
予算内におさめることができ、大変ご満足いただけました。

高い成約率は、多くの出店希望者と繋がりがあるからこそ


多くの不動産会社の扱う物件は住宅・オフィス・土地です。
出店を考える顧客との取引はほとんどありません。

一方店舗専門で取り組むわたしどもは、出店したい9万人の会員を抱えています。
それ以外にも160社のフランチャイズチェーンと繋がりがあり
「物件を紹介してほしい」と常々ご要望いただいています。

売却希望の物件をより多くの人にアピールできるため、高い成約率と早い成約スピードが強みです。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




居酒屋を「高く・早く」居抜き売却するには?


居酒屋(ダイニングバー・バル)を売却するときのポイントと事例

ダイニングバー/居酒屋の居抜き譲渡成功例


ダイニングレストランの居抜き物件売却(南青山)
夜の集客に失敗した居酒屋を売却!ラーメン店へ(鹿児島)
居酒屋の居抜き店舗をラーメン店が高額買取!(新橋)
居酒屋の居抜き物件を近隣オーナーが買取(東京)
居酒屋の居抜き物件売却、ラーメン店へ(愛知)
居酒屋の居抜き物件を売却(愛知)
郊外居酒屋の居抜き売却(熊本)
居酒屋居抜き物件をスピード売却(熊本)

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録