調布駅徒歩10分のカフェ居抜き物件を売却 | 居抜き物件・飲食店閉店なら店舗そのまま買取・譲渡・引継ぎ
成約事例

調布駅徒歩10分のカフェ居抜き物件を売却

成約済

調布駅徒歩10分のカフェ居抜き物件を売却

東京都調布市
調布駅から徒歩10分のカフェ居抜き物件を売却。
住宅街の真ん中にあるこの店舗は、弊社で2度お手伝いした飲食店です。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)


副業で経営していたカフェを閉店


始まりは「このままカフェの居抜き物件として売りたい」とご要望いただいたところから。
元々は中古車修理を行っていたオーナー様が副業としてカフェを始めた店舗。
スケルトンの店舗から、ステキなカフェへと1から作り上げました。ただ飲食店の経験がなかったためか経営が厳しくなり廃業を決め、居抜き譲渡のご相談に至りました。

オープンテラスもあり、綺麗なカフェということですぐに何名かのお客様が内覧。
しかし、どの方も集客面に不安が残り、手を上げる方がなかなか出ません。
駅から10分、周りに店舗はなく住宅のみという立地では仕方のないことだったのかもしれません。ところが、とあるチェーン店で店舗開発に携わってきた方に「穴場だ」と目に留まり、一気に成約まで進みました。

カフェ居抜き物件を購入したのはマーケティングのプロ


ここで入居された方は、店舗開発のご経験があり、マーケティングにも長けた人物。
ゆったりとしたカフェを開業するにあたり、この立地が適していると考え決められました。お店の雰囲気にもこだわり、アンティークの調度品を揃え、3ヶ月の大工事を経てオープン。
ふわふわのパンケーキも話題となり、行列のできる繁盛店になりました。

しかし、繁盛店ゆえの悩みが。
住宅街ゆえに近隣の方から騒音(外で待っている方の話し声など)の苦情が入りトラブルが発生。仕方なく移転することに。

2回目の居抜き物件売却


この居抜き譲渡にあたり、再度弊社へお声掛けいただきました。
ご相談を伺うと「内装にこだわった分、その代金もほしい」というご希望。内装を気に入り高値で買い取ってくださる方を探し始めました。
探し初めて間もなく「雰囲気の良いお店で、すぐに営業が開始できるなら、お金はかかってもいい」というお客様を見つけることがき、この店舗はカフェから菓子販売メインの店舗に業態を変更。

菓子販売店の経営者は元々西東京市で同業態の店舗を出していた方。
国の道路工事の関係で立ちのかなければいけない、というご事情がありました。
その代わりお金は国から出ているのでイチ早く営業を再開させたい、とのこと。
今回の店舗は菓子販売の雰囲気にも合うため260万円で造作を買い取り、営業を再開。「即開店できるのも居抜きのメリット」とおっしゃっていました。

カフェ⇒カフェ⇒菓子販売と2度の居抜き売却のお手伝いをした店舗。
ご入居の際お手伝いした方に、出る際に改めてご相談いただけるのは丁寧な対応があってこそだと考えています。今回の店舗もお手伝いをしたどちらにもご満足いただくこととなりました。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)




住宅街の居抜き売却事例


菓子販売の店舗の売却に成功(幡ヶ谷駅の高級住宅街)
住宅立地の居抜き店舗(本蓮沼)
ダイニングバーの居抜き売却成功!尾久駅の住宅地で渋い場所)

カフェの居抜き売却の成功事例


カフェバーの居抜き売却が12日で完了、店舗売却金をリース支払いに補填(祖師ヶ谷大蔵)
カフェの居抜き物件を250万円で売却に成功(鹿児島)
カフェの居抜き物件を36日のスピード譲渡(鎌倉)
ハンバーガーカフェをスピード店舗売却!250万円で買取
カフェ居抜き店舗譲渡(大阪)
大阪でカフェレストランの居抜き物件を売却
カフェ(体調不良で閉店)の居抜き物件
カフェの居抜き物件!安定した賃料収入へ(足立区)

カフェを「早く・高く」売るには?


カフェ・喫茶店 売却のポイントと事例

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録