焼肉・ホルモン焼店を売却
するときのポイントと事例

焼肉・ホルモン焼店は居抜きで売却しやすい?

他の業態よりも、同業態の出店希望者から強く人気を得やすいのが焼肉・ホルモン店の居抜き物件。
その人気の理由は2つあります。

1、焼肉屋・ホルモン店が出店可能な物件は限られている
そのため、出店希望者は集まりやすい傾向にあります。なぜなら焼肉は臭いや煙が発生し、また油を多く使用するため店舗が汚れやすい業態。そのため敬遠する家主様も多く、出店許可が下りにくい業態のひとつです。

2、スケルトンからの初期投資が高額なため、居抜きのメリットが出やすい
ゼロから無煙ロースターやダクト設備を設置・施工料すると高額に。また、店内を快適な温度に保つ空調設備も欠かせません。そのため20坪程度の店でも新規出店で3000万円以上かかることも。居抜きを活用すると重い初期投資を大幅に抑えられるため、居抜き物件の活用メリットがより大きい業態といえます。

注意しておきたいのが、異業種への転用には工夫が必要なこと。
なぜなら焼肉店は客席部分にガス管を通している店舗が大半。そのため、机の撤去やレイアウト変更が簡単にはできません。現状をそのまま活かせる引き継ぎ先へアプローチすることが重要です。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

焼肉・ホルモン焼 居抜き売却の成功事例

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

焼肉・ホルモン焼 高額・スピード売却3つのポイント

(1)ダクト(排気・排煙工事)の整備が十分か

焼肉店の強みは油・煙の対策が済んでいること。
ダクト工事もその1つです。

このような業態では排気の経路・位置が大変重要。立地によっては、ビル横に吹き出しではなく、屋上までダクトを立ち上げることを求められることも多くあります。その費用だけで200万近くかかることも。屋上までの高さや工事スペースの有無も評価のポイントです。

もしくは代替のものとして、ノンダクトロースターや水冷式ロースターで煙を抑えている店も評価されやすいと言えます。しかし煙は少なくなるものの油煙や匂いは出る弱点はあります。

いずれせよ、引き継ぐ方にとってその後の投資負担の少ない設備があることが、焼肉・ホルモン店の高額売却・買取のポイントです。


(2)焼肉・ホルモン店の専門設備(炭場・網洗い・ドロワー)

この設備が整っていると、本格焼肉店の同業態の出店者からは評価されやすい。

炭を扱うなら消防法で必須となるのに加え、炭場を置いている店舗は専門性が高いように見えます。そのため客単価を上げることにも一役買うことも。

炭火焼肉酒家 牛角などには、店舗ごとに炭場が設置されているのは有名ですね。

その他にも、同じ業態の買取希望者から需要がある設備は、網洗浄機・ドロワーコールドテーブルなどがあげられます。


(3)清潔さ・クリンネスが保たれているか

清掃が行き届いていると、成約率が高まるのはどの飲食店でも同じ。ですが、焼肉・ホルモン店の場合は更に重要となります。

床や天井・壁紙などの油汚れは大丈夫ですか?
排気設備を煙が発生する部分のなるべく近くへ調整することで、汚れづらくすることができます。

また、年数が経った店舗でも清掃が行き届いていると内覧時の印象が全く違います。汚れたままだと、買い取った方に清掃コストの負担が増えます。

その余計なコストは居抜き買取のときに価格交渉のきっかけにもなりかねません。高額売却を目指すために、日ごろの営業から清潔さを保つことが重要です。

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録