カフェ・喫茶店を売却
するときのポイントと事例

カフェ・喫茶店は居抜きで売却しやすい?

カフェ・喫茶店は居抜きで売却しやすい業態と言えます。出店希望者が多く、家主さんから貸出先としての人気も高いことがその理由。

1、出店希望者が多い

飲食店の開業希望の中でもトップクラスで多いのが、カフェ・喫茶店の開業希望。メニュー構成の関係で厨房設備も軽いもので良く、調理経験や業界経験がなくても参入しやすいのが特徴。そのため入居希望者が多く、売りやすい環境が整っているといえます。

2、家主・管理会社から人気が高い

物件の持ち主である家主さんは、自分の所有物である物件をなるべく綺麗に保ちたいと考えています。大量の油を使う中華料理や居酒屋に比べると、カフェは物件が汚れにくいので好まれやすい業態。

また1階路面に出店の場合、おしゃれなカフェはビル全体のイメージ向上にも一役買うことも。
このような理由から、カフェ同士の居抜き譲渡は家主さんから歓迎される場合が多く、スムーズに成約できる傾向があります。

⇒店舗売却のご相談はこちら(無料)

カフェ・喫茶店 居抜き売却の成功事例

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

カフェ・喫茶店 高額・スピード売却3つのポイント

(1)駅チカ・視認性良好などの好立地は回転重視のカフェなどに

人通りの多い駅前や繁華街を希望する出店者は多く、この条件にあてはまる場合は、即決・高額売却も十分可能です。

カフェ・喫茶店の特性として、他飲食業に比べ客単価が低いことがあげられます。同じカフェ店に売却する場合は、チェーン店など回転重視のカフェと相性が良いと言えます。

また、上記のような物件であれば同じカフェ業態以外のその他飲食店も幅広く買い手の候補となります。


(2)立地に劣る場合は、個人開業者が売却先の候補に

2等・3等立地の物件のケースにおいては、コンセプトカフェなどへ狙いをさだめることで売却の可能性を高めることができます。

カフェ業態はドッグカフェ・ギャラリーカフェ・手芸カフェ・和風カフェなど、コンセプトは経営者によって様々。お客様はドトール・ベローチェ・スタバなどのチェーンと違い、「目的来店」で店を目指してくるため立地にそこまでこだわる必要がありません。

カフェの個人開業者はほぼ100%がコンセプトカフェのため、ここにアプローチすることが売却のカギ。個人の開業希望者を多く抱えている会社を選んで、売却相談をすべきです。


(3)厨房機器・什器:エスプレッソマシーン・焙煎機

カフェ・喫茶店は、グリスト・ダクトが不要。軽い厨房設備で出店できることが魅力ですが、50万円以上するエスプレッソマシーン・焙煎機は初期投資の大きな負担に。

造作売買の中に上記の機器を含めることができれば、高額で売却できる可能性が高まります。「初期投資が削減できる」という出店側のメリットが大きくなり、買う動機が強まるためです。

この他、カフェであれば共通して使用する機器類も売却のポイントに。製氷機・コールドテーブル・二槽シンクなどがそれにあたります。

また、カフェはイメージを気にする方も多いので「お店をきれいな状態に保っておくこと」も重要なポイントです。

お店の買取・譲渡・引継ぎでお困りなら、何でもお気軽にご相談下さい!
0120-99-8538 お問合せ 無料査定

もう少し検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録

ご支援実績一覧

もう少し参加を検討したいという方は・・・「Ctrl+D」でお気に入りに登録